ぴんかる日記

[ スポンサーサイト ]
--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TB(-) / CM(-) /

[ ドミニオンの基本戦術 ]
2010/05/11(Tue) 22:41:49
地下世界出身の悪魔っぽい羽と尻尾の種族ではありません。

ボードゲームとTCGを足して2で割ったようなボードゲームのドミニオンです。
すでにいろいろ言われてると思いますが、あえて駄文を書いてみようかと思います。

第1回は基本中の基本である金貨デッキについて・・・
このゲームの最終目標は得点を稼ぐこと・・・それはつまり属州を多く買うことといっても過言ではありません。
基本的にはいかにしてはやく、相手より多く属州を買うかがポイントとなります。
つまり、属州を買うためのデッキ構築をするわけです。

属州を買う手段はいろいろありますが、手札5枚で8コストを出すもっとも単純な方法が金貨および銀貨です。
3+2+1+1+1や2+2+2+1+1で合計8コストになるので属州を買う。
しかし、買った属州はデッキに入りますし、最初から入っている屋敷もあるので手札5枚がすべてコインにはなかなかなりません。
そこで4枚で買える組み合わせ
3+2+2+1、3+3+1+1、2+2+2+2
3枚で買える組み合わせ
3+3+2
を作るために、デッキに多くの金貨(銀貨)を入れる必要があります。
銀貨はなくてもいいですが、銅貨だけで金貨を買うにはよっぽどの条件がそろわないと無理なので金貨を買うために銀貨が必要です。

このようにして、属州を買うための金貨、金貨を買うための銀貨を盲目的に買い集めるデッキを金貨デッキと呼びます。(勝手に名づけました)
特に強いわけでもないのですが、そのポテンシャルは高く、多くのデッキの原型となりうるでしょう。
この金貨デッキに勝てないデッキはどうやっても勝てないと思います。


まとめ「金貨デッキ」
0~2 パス
3~5 銀貨を買う
6,7 金貨を買う
8以上 属州を買う

ただこれだけです。風情も何もありませんが、そこそこ強いのです。
また、終盤で勝負が決まりかけている段階なら5~7は公領を買います。
終盤で4コスト以下というのはほぼ失敗してる感じですが、たまたま緑4枚とかなることもあります・・・屋敷を買うかどうかはその場の判断で。
スポンサーサイト

ドミニオン / TB : 0 / CM : 0 /

速攻型カード~銅細工師&男爵ほか~ / HOME / 生存報告

 C O M M E N T

 C O M M E N T P O S T

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

 T R A C K B A C K

この記事のURL
   http://pinkal.blog53.fc2.com/tb.php/260-a661a936




copyright © 2017 ぴんかる日記 & kiro hanehane All Rights Reserved.
photo / Template by odaikomachi
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。