ぴんかる日記

[ スポンサーサイト ]
--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TB(-) / CM(-) /

[ ドミニオン 錬金術師 ]
2010/10/29(Fri) 20:26:09
久々にドミニオンの話。

友達とやってたら錬金術師つよかったです。
ずっと俺のターン!!とまでは行かないけど、毎ターンデッキを引ききることが可能なポテンシャルはかなりのもの・・・

というわけで錬金術師について考察。

「錬金術師」の性能を十二分に発揮するためには、「ポーション」を複数買わないと機能しません。
例外として毎ターン引き切る体制が確立できた場合は1枚でもいいですが。

そして、「ポーション」では「属州」が買えないので…購入プラス系は必須でしょう。
また、「錬金術師」は複数枚そろえることで機能します。4枚はほしい所。出来れば次のターンの手札として確保できる5枚にしてしまいたいですね。
基本的な流れは、
「ポーション」調達
「錬金術師」集め
購入プラスの投入&デッキ圧縮
「錬金術師」連打→購入プラスで「属州」+α
といった感じです。

引きまくる都合を考えると、「賢者の石」以外のポーションコストカードが2種類くらいは場にあった方がいいですね。
毎ターンデッキを引ききりたいなら、銅貨と屋敷を処分する破棄系カードが必要です。
それを踏まえて、コストが安くデッキの濃度を高めてくれる「変成」がベストパートナーかなと思います。欲を言えば「村」などのアクション+2を組み合わせるか、「市場」のようにアクション+1と購入プラスが共存しているカードが欲しいです。
「ゴーレム」や「玉座の間」で「錬金術師」を2回使ってアクションを浮かせるのもアリ。


「錬金術師」と相性の悪いカードはデッキにダメージを与えてくる「魔女」や「泥棒」などのカードです。
逆に「民兵」や「拷問人」などの手札ダメージ系は捨て札がデッキになって回収できるので、それほど痛くありません。
あとはライバルとの競争でしょうか。二人で5枚ずつならまぁいいとして、三人で4枚4枚3枚…となるとなかなか苦しいものがあります。行けそうなら先に買い占めるつもりで、ダメそうなら他の作戦にうつるべきです。
スポンサーサイト

ドミニオン / TB : 0 / CM : 0 /

ネコマタ(空)用怪盗服 / HOME / DD氷結行ってきたよ

 C O M M E N T

 C O M M E N T P O S T

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

 T R A C K B A C K

この記事のURL
   http://pinkal.blog53.fc2.com/tb.php/279-d80f4d4b




copyright © 2017 ぴんかる日記 & kiro hanehane All Rights Reserved.
photo / Template by odaikomachi
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。