ぴんかる日記

[ スポンサーサイト ]
--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TB(-) / CM(-) /

[ 第9回SU祭~炎と嵐の皇帝ライオウ~ ]
2006/04/12(Wed) 14:09:01
最近スペルキャスターとキメラ以外人気の薄いサウスダンジョンへ行ってきました。
とりあえず、まだ達成していない「北西部屋制圧(最深部到達)」を目標に奥へ奥へと突き進みます。
さすがに全体のレベルも高かったので、以前よりも有利に戦うことができ、これはいけるんじゃないかなと思ったときでした。

あの足は!!

そう、ライオウがいたのです。
他のパーティがいなかったので、ライオウを頑張って倒そうということになりました。

まず、敵がわさわさ湧いて来る部屋の中を避けるため、通路へと誘導します。
通路に逃げながら轢かれたとも言います。
それでもなんとか周りの敵を倒し、取り巻きのホウオウも倒し、リザをして体勢を立て直した頃には他の人が交戦中でした。

そこからは一緒になってライオウ討伐開始です。
防御がやたらと高く、ダメージが2桁しか通りません。
たまに3桁が見えるかなって感じ。
SU祭と普通にきていた人と合同でライオウのHPを削ります。
ライオウ戦

ライオウ戦その2

ライオウ戦その3

結局ライオウを倒した頃には22時を過ぎていました。

その後、北西部屋方面には人がいたため、北東部屋を制圧。
石化や凍結、スタンさせてからみんなで魔法を撃ちこむというスタイルがいい感じでした。これがSU祭流敵の倒し方なのです!
最後、23時ごろにライオウがまた現れていましたが、戦っている時間はないので放置して帰りました。

今日はみんなかなり装備が削れています。
ライオウ激しかった!
ライオウ前

ライオウ後

・故障したもの
月の帽子、教科書 他の人はビームシールドなども…
・耐久減少したもの
タイツ、ローブなど 他の人も杖や服、靴など…ほとんどの部位が削れましたね。

ちなみにドロップはカッパーメダルだったみたいですが、SU祭では拾っていないのでよくわかりません。

魔法少女ぴんかるは共闘する人を応援しますっ。
スポンサーサイト

SU祭 / TB : 0 / CM : 5 /

人数=強さ / HOME / 過剰精錬シミュレート

 C O M M E N T

[ NO.49 ] 
メイオウに行く前、メンバーがそろった時点で全員の賛成がえられたらメイオウ見物に行くようにしていただきたいと思います。
もちろん、あらかじめいくらか説明したうえで、ですけど。

月代 / 2006.04.20(07:57) / URL / [EDIT] / TOP
[ NO.46 ] 
ライオウのときはいい感じに死んだり戦ったりしていたのですが、メイオウはいろいろ変な噂を聞くので心配です。
人数が1PTに納まる(8人以下)のであれば、メイオウへ行きましょう。
そうでない場合は、普通にダンジョンへ行きます。

ぴんかる / 2006.04.19(18:10) / URL / [EDIT] / TOP
[ NO.45 ] 
人数にもよりますが、憑依すれば全員いけるかもしれません。
が、
楽しむというよりは・・・
あまり邪魔(?)にならないような人数が理想的かと思われます。
いろんな人がいますから。

月代 / 2006.04.19(00:37) / URL / [EDIT] / TOP
[ NO.44 ] 
メイオウってまだ見たことないので、全然わからないんですが…
ぱっといって楽しめるようなものでしょうか?
全員で行けるのなら行ってみたいですね。

ぴんかる / 2006.04.18(23:55) / URL / [EDIT] / TOP
[ NO.39 ] 
ウチのメンバーの一人が、
「こんどのSU祭りはメイオウが良くない?」とか言ってました。
 玉まぁまぁありますけどいかがで、す・・・か?

月代 / 2006.04.18(00:29) / URL / [EDIT] / TOP

 C O M M E N T P O S T

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

 T R A C K B A C K

この記事のURL
   http://pinkal.blog53.fc2.com/tb.php/57-898ba534




copyright © 2017 ぴんかる日記 & kiro hanehane All Rights Reserved.
photo / Template by odaikomachi
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。